名古屋発バスツアーで浦村へ新鮮でプリプリの牡蠣が待っています

三重県鳥羽市浦村町は穏やかな生浦湾での牡蠣の養殖がとても盛んな地域です。栄養たっぷりの海で育った牡蠣はプリプリで絶品。浦村町でそんな最高の牡蠣を食べることができる名古屋発のバスツアーがいくつも設定されています。

名古屋から浦村までは片道約2時間と移動の負担もないので、思う存分牡蠣を満喫することができますよ。


三重県鳥羽市浦村町の牡蠣

牡蠣の養殖に適している環境は牡蠣のエサや栄養が豊富で穏やかな海。

三重県鳥羽市浦村町で牡蠣を養殖している生浦湾(おおのうらわん)はまさにその条件にぴったりです。浦村町は、その生浦湾を囲うような地形をしています。そのおかげで牡蠣の養殖に成功し、発展していきました。

生浦湾は浦村町内に流れているいくつもの川から流れ込むエサや栄養分のおかげで、牡蠣が育つのに最適な環境が保たれており、そこで養殖された牡蠣は海からの栄養をたっぷり取りこんで、美味しく成長していきます。そのように美味しく濃厚な味を持って大きく成長した浦村町産の牡蠣は、今やブランド牡蠣としても全国的にも有名になりました。

三重県全体の牡蠣生産出荷量の3分の2を占めるほどの名産となっています。全国の人々の舌とお腹を満足させる、1度食べてみて損はない絶品の牡蠣とされています。

三重県鳥羽市浦村町

三重県鳥羽市浦村町は景色の美しい町。豊かな緑・美しい海・真っ白な砂浜など、彩り豊かな絶景を楽しむことができます。青い海と山とのコントラストは見事。移動の時間が長いバスツアーは移動中に退屈してしまうこともありますが、名古屋からのバスツアーでは車窓からの景色もとても美しいので、移動中も楽しむことができますね。

牡蠣の養殖が盛んなこの町には美味しい牡蠣を食べることができる牡蠣小屋もたくさん。牡蠣小屋は、ぜひ訪れてほしいおすすめのスポットです。多くの名古屋発バスツアーの行程に組み込まれている牡蠣小屋では、獲れたての新鮮な牡蠣をお腹いっぱい食べることができます。

海を見ながら食べる牡蠣はまさに絶品。焼き牡蠣・蒸し牡蠣・牡蠣フライと、プリプリで濃厚な牡蠣はどれも他では食べることができない味ですよ。食べ放題の牡蠣小屋も多いので、好きなだけ食べることができます。

名古屋から三重県鳥羽市浦村町まで

名古屋を出発して牡蠣を楽しむことができる三重県鳥羽市浦村町までは高速道路を利用して車で約2時間で到着します。

浦村町で牡蠣の昼食を楽しみ、昼食前後に三重県内をはじめとする数か所で観光を楽しんだとしても、夜には名古屋に帰ってくることができるため、日帰りで往復することができる行きやすい距離です。

目的地で宿泊して、たくさん楽しむのも良いですが、宿泊が必要なツアーに参加するためには、時間もお金も必要になってきます。日帰りバスツアーならば、日頃、時間に追われて忙しく暮らしていて連休を取ることができない人でも、気軽に参加することができます。

宿泊するよりもリーズナブルな価格で楽しむことができるのも嬉しいですね。バスツアーは、1日でも宿泊するのと変わらないぐらい楽しい時間を過ごすことができます。

ツアーの特徴

名古屋発バスツアーで浦村へ向かうツアーのメインイベントは何と言っても牡蠣を堪能することができること。新鮮で美味しい獲れたての牡蠣を名古屋などの都会でお腹いっぱい楽しむのは難しいです。牡蠣小屋では産地が近いという利点を活用して、獲れたての牡蠣を使って焼き牡蠣や蒸し牡蠣の食べ放題を楽しんだり、牡蠣フライなどの牡蠣料理を楽しんだりと、新鮮な牡蠣を思う存分満喫することができます。

また、牡蠣の昼食の他にも観光も楽しむことができるのがバスツアーの特徴です。多くのツアーに組み込まれているのが、三重県の観光スポットとして、パワースポットとしても人気の伊勢神宮。

参拝後、江戸時代末期から明治時代初期の鳥居前町の町並みを再現した観光地であるおかげ横丁の散策を楽しんで下さいね。

町並みの景観を満喫しながら食べ歩きをしてみても楽しいですよ。

バスツアーのメリット

バスツアーの最も大きなメリットは移動に苦労をしない点です。行きたい所が決まっても、道に迷ってしまうことがありますよね。やっと目的地にたどり着いたと思っても、駐車場が見つからないことも。バスツアーならば、そんな心配はありません。

目的地までの経路を調べる必要はないので、自分で苦労することなくバスが目的地までまっすく連れて行ってくれます。ツアーのための場所は事前に確保されているので、駐車場の心配もありません。また、1日たっぷり遊んで、お腹いっぱい牡蠣を食べたら疲れたり眠くなったりしてしまいがち。

自宅まで長時間、車の運転をしなければならないのは大変ですよね。バスツアーならば名古屋まで戻る道中は、座っているだけで到着します。一緒にツアーに参加した人と一緒におしゃべりを楽しむのも良いし、のんびり寝てても良いです。

バスでゆっくり休みながら移動することができます。たっぷり休憩することができるので、1日遊んだ疲れを次の日に残すこともないですね。